SEARCH THIS SITE.
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES


OTHERS
<< エフェクター、DCジャックのナット破損 | main | 黒猫 >>
モガミ3368でシールドを作って試す

先日、久しぶりにシールドを作ったとき(→過去記事:こちら)に、久しぶりにmogamiのカタログをみたんです。

その時、低静電容量のギターケーブル3368ってのがありました。いつからあるのか分からないのですが、シールドについてはここ10数年は興味がなくなっていたのでその間に出ていたのでしょうか。(参考:→ mogami カタログ)みたら気になってしまいます・・・。で何かのタイミングでと思っていて、取り寄せました。

3368。太い!外径8φ。

4m取り寄せましたが、個人的に好みの3.5mに切ります。この長さが一番使い勝手がいい。

プラグはノイトリックNP2XLというジャンボプラグ。8φの径にさらにSFチューブを被せる為、大きいものにしました。

編組構造のシールド。

半田付けしました。ハンダはクラシックソルダー2。

なんかずいぶんごっつい感じです。

完成形がこちら。

早速、音出しチェック。2524と弾き比べました。3368の方がより高域が出ている感じで1、2弦をチョーキングした時に良い所出てくる感じです。

プラグ大きさ比較・・・。

 

シールドでの音の違いについて面白い記事がありましたので参考に:→シールドケーブルでなぜギターアンプの出音が変わるのか?LC直列共振現象!

 

 

NEUTRIK ( ノイトリック ) / NP2XL NEUTRIK ( ノイトリック ) / NP2XL

MOGAMI ( モガミ ) / 3368 MOGAMI ( モガミ ) / 3368



| ギター雑記、メモ | 23:31 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS


Related Posts with Thumbnails