SEARCH THIS SITE.
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES


OTHERS
<< Aギター、7年ぶりの再会とメンテナンス | main | アロンアルファを使いきる >>
最近聴いていた音楽 2月は新譜ラッシュ?

まずは井上銘さんのこのアルバム。2月19日にリリースされて、早速聴きました。

新世代のジャズギタリストとして注目度ナンバーワンじゃないでしょうか?新世代といってもそのキャリアは長く、2011年にメジャーデビューしています。プロとしては高校在学時から(参照 → 井上銘 オフィシャルサイト)とのことなので、プロギタリストとして10年以上のキャリアがあるということになります。

 

さて新作のこのアルバム。井上銘さんのギターはしなやか。そう、「しなやか」なんです。柔らかくときに緊張感がある。このアルバムはかなりすごいですよ。いままでジャズ・ギターアルバムのなかでも指折りの一枚になるんじゃないかと思います。

 

次に同じく2月19日にリリースされた、大橋トリオの「This is music too」、大橋トリオは毎年一枚ずつかならず新譜が発売されてます。このコンスタントに発表されてること自体もすごいなぁと思いますが、その内容が毎回良く捨て曲なしという事にも驚きです。わたしが個人的に一番好きな大橋トリオのアルバムは2008年の「This is music」です。あ、タイトルがこんかいの新譜と繋がりました。どおりで今回のアルバム、好きな感じだなぁと感じたのは「This is music」と基本となる部分でなにか共通点があるのかもしれません。

 

次は新譜ではありませんが、こだま和文さんの「A SILENT PLAYER」。ああ、なんでいままで聴いて無かったんだと後悔しました。

昔、MUTE BEATの「In Dub」をよく聴いていて、それ以来なんとなく存在は意識しつつもこだまさんのソロ・アルバムは聴いたことがありませんでした。すいませんでした。Apple Musicのおかげで気軽に聴けることもあり聴いてみて、やられました。なんでいままで聴いてなかったんだろう。

 

mute beat [In Dub] youtubeにあった。このCDを手放したことに少し後悔。

 




| 音楽 | 12:58 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS


Related Posts with Thumbnails