SEARCH THIS SITE.
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES


OTHERS
<< ヘッドインレイから指板接着。 | main | ポジションマーク用意 >>
まさかのロッド入れ直し

人生には「まさか」が起こるのです。

良いことならばいいのですが、悪い”まさか”も起こります。

失敗の記録。

 

何が起こったかというと、指板を貼り終わったあとに、トラスロッドナットを回したら、空回りしたのです。

いや、ほんと心臓が一瞬とまりました。

ロッドナットが空回りするということはロッドが使いモノにならず・・・ネックとして使いモノになりません。

 

一本物オーダーはなにか失敗するとロスが半端ありません。材もそうですが、いままでの時間が・・・

でも、やるしかないので、最善の対処方法を考えます。

 

まず、原因を究明。

ロッドナットが空回りしたのは、ネックの長さに合わせる為にロッドをカットしネジを切り直した為に起こりました。

その切り直したネジ部の経が小さく、手で締める程度の力は耐えれるが、実際ネックに仕込んでナットを回すとその力に耐えられずロッドナットが空回りしたのです。

スチュマックのロッドはインチサイズなので、ネジ部の経は4.76mm、なのですが、ロッドの経は4.28mm・・・

 

盲点でした。なぜネジ部より細い・・・

 

 

今回学んだことは、

「スチュマックのトラスロッドは加工して使ってはイケナイ!!!!!!!」

です。

 

いろいろ対処方法を考えた結果。ロッド入れ替えが最善策だろうということで、

 

さぁ、リカバリー作業です。

指板を剥がします。

ラバーヒーターで温めて接着剤を軟化させて・・・

剥がれました。

そして埋木を取り除き・・・(写真はありません)

ロッドを入れ直す・・・

入れ直したロッドはミリサイズの5mm経で。

指板を作りなおして・・・

無事に治ったネックがこちらです。




| ギター製作 | 19:45 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS


Related Posts with Thumbnails