SEARCH THIS SITE.
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES


OTHERS
<< EVO GOLD へフレット交換する。その2。 | main | ケーラートレモロは滑らか >>
EVO GOLD へフレット交換する。その3。完結。

その2からの続き、

フレットを打ち終えたら次は、飛び出ているフレットサイドを削ります。

この時、角度と削り込む量がプレイアビリティーに影響してきます。

スライドした時に手や指に引っかかりがなく、弦落ちしないのが理想です。

あまり角度を取りすぎると弦落ちしやすく、フレットの有効範囲が狭くなるので、

角立ち目にしています。下の写真、フレット左側は削り取ったあとです。指板端からコンマ何ミリか内側へ削り込んでいます。

この塩梅は作業者によって結構違うところかもしれません。

次は、フレットすり合わせ、フレット上面の高さを揃える作業です。これによりどこのフレットを抑えてもビビらないように高さを揃えます。私はPLEK推進派なんで、この作業できればPLEKのような自動機械で済ませたい・・・。なぁなんて思いながら手作業で進めてます。

写真はないですが、フレットの山の再整形とフレットエッジの角丸めをしてから、バフがけ。

フレットがぴかぴかになったら、指板にオイルを塗り仕上げです。

オイルはこの2種どちらかを使ってます。最近寒くなってきたので、使う前にストーブで温めています・・・。

弦を張って、

完成!(ほんとはナット交換も必要なんですが、今回は時間がなかったので古いものそのまま付けてます。)

GOLDといっても嫌らしくない、落ち着いた色なので、どんなギターにも自然とマッチするかと思います。

よし、これで、ギターが弾ける!!!

 

で弾いてみました、まったくEVOの良さとか引き出せていない動画です・・・

 

が、フレットを新しくすると、気持ちよく弾けます!

EVOは金属アレルギーの人にも良いようです。

ステンよりも柔らかく、ニッケルシルバーよりも硬いEVO、耐久性抜群です。

 

フレット交換お考えのかた、ぜひ候補にどうでしょうか!?




| ギター修理 | 19:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS


Related Posts with Thumbnails