SEARCH THIS SITE.
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES


OTHERS
<< 新しく作っているワルツの、ベース | main | MaJLo をだれか日本に呼んでくれないか >>
コンプレッサー / ギター(エレキ)の音の話

 

バンドをやっていた20代後半の頃、あるバンドの人からコンプレッサーを「ブースターとして使っている」と聞いてから、コンプレッサーというエフェクターがずっと頭の片隅にあった。

最近になって、コンプレッサーのおいしい所が少しわかったかもしれない。

エレキギターは、アンプにつないで音を出す。そのギターとアンプの間につないで音を変化させるモノがあり、それがエフェクターだ。つまりエフェクターとは、音を変える機器のことだ。

 

エフェクターの種類は多種多様で、その中にコンプレッサーがある。

 

コンプレッサーは音量を整えてくれる効果がある。大きい音を小さく、小さい音を大きくしてくれる。

これによって何がよいかというと、ギターは単音弾きとコードストローク弾きでの音量差が大きいが、それが少なくなりバランスがよくなることだ。また、ギターは細い弦と太い弦の各弦ごとにも音量差がある。そのバランスもよくなる。1弦の一番細い弦の音が弱いなと感じた時にコンプレッサーをかけると音量が持ち上がりバランスが取れて良い感じになったりする。

 

ストラトキャスターのリアピックアップで1弦を弾いた時、音が弱いと感じた事はないだろうか。そんな時はコンプレッサーだ。またベーシストならば、1弦と4弦の音の差が大きすぎて弾きづらいと感じた事は無いだろうか。そんな時もコンプレッサーだ。ギターリペアをしていると弦ごとの音量差に悩んでいるプレイヤーに出会う事が多々あります。「弾き方だよ」と言ってしまえばそれまでだったりするので、そんな時にこのエフェクター「コンプレッサー」を提案することもありだなぁと思う。

 

と、コンプレッサーの良い事を書いたけれど、コンプレッサーのデメリットは、音量差が狭くなることによるダイナミクス(抑揚の差)の低下だ。その点は臨機応変にコンプレッサーのオンオフで調整すれば良いだけだ。

 

エレキギターの歴史上、最初期のエフェクターはFuzzから始まっているが、最初にエフェクターに求められたのは「サスティーン」である。FuzzはONにすると音がひずみ、サスティーンが増した。コンプレッサーもサスティーン(音の伸び)を増すことができる。歪み系の前にコンプレッサーをかける事によってより長いサスティーンを得る事もできる。コンプレッサーにlevel調整があれば、音量を上げることができるので、ブースターとしても機能する。コンプレッサーをブースターとして使うと、音量が上がるのと同時にサスティーンとアタック感を出すことができる。ここがおいしい所だ。

 

いま、私自身が使っているコンプレッサーは”TC Electronic HyperGravity"。それと、最近手に入れた"ModTone MTM-CP"。どちらもいいので紹介したい。

 

なにがどう良いかというと、”TC Electronic HyperGravity"は、一台で様々なタイプのコンプレッサーになるところ。MXRのDynaCompに代表されるクラシックな定番モデルから、スタジオ品質の透明感のあるマルチバンドコンプレッサーとしても使える。とくにマルチバンドコンプレッサー、もう一度言いますが「マルチバンドコンプレッサー」になるんですよ。マルチバンドコンプレッサーは帯域ごとにパラメータを別々にかける事ができて、これによりとても自然なかかり方をするのです。

 

別メーカーのペダルエフェクターでマルチバンドは、BOSS CP-1X、EBS MulchCompと数が少ない。その中で”TC Electronic HyperGravity"は値段も一番手頃なのでおススメです。

 

"ModTone MTM-CP"は、まだ使いはじめたばかりで細かなニュアンスはまだ分かっていないかもしれない。このコンプレッサーはマルチバンドではなく、フルバンドの一般的なコンプレッサーである。HyperGravityと比べると自然さや透明感が劣るなぁと感じてしまうけれど、シンプルで使いやすい。値段の割にとてもクオリティーが高いと感じた。またブースターとして、ここで一つパンチを加えるのに使える。タイプの違うコンプレッサーを2台つなぐのも面白いと思う。

 

ギターの音について、私は分かっていなかったと思う事がある。コンプレッサーをいじって音の違いを感じていたらそう思った。コンプレッサーは微細なニュアンスを変える、整える事ができるので、効果が分かりづらいモノである。だからこそ、コンプレッサーで音を意識的に作ることで昔より音の違いがわかるようになったかもと思った。でもしばらくすると、何も分かっていなかった。と思うかもしれない。音は果てしないのです。

 

エフェクター、コンプレッサーは数限りなく様々なものが世に溢れています。そうすると、他のコンプレッサーも気になりだして、すべては試せないし、それじゃ自作してみるか??と、なっちゃうんですよね・・・笑

 

 

TC ELECTRONIC
  <a href=
TC ELECTRONIC HyperGravity Compressor

 


 

JUGEMテーマ:音楽

 




| エフェクター | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.waltzguitars.com/trackback/1178166
トラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS


Related Posts with Thumbnails