SEARCH THIS SITE.
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES


OTHERS
<< 2019年02月11日のつぶやき | main | 2019年02月12日のつぶやき >>
試作アコギの経過(製材〜箱化)

ここ数日間製作を続けている初めてのアコギ製作。ひとまず箱になる所までたどり着きました。

エレキギターとアコースティック・ギターで大きく異なるのはボディーの構造で、その中でも横板を曲げるという作業が最も異なる点かなぁと思います。

 

何事もやはり、実際にやることで全く見え方が変わります。実際にここまで作ってみてアコギの見方が変わりました。知識として知っているのと、考えながら実際に手を動かしたのではやはり違いますよね。ここで一度いままでの経過を消化してしまおうとブログに残しておきます。

 

今作っているアコギのボディーサイズはエレキギターと同じくらい、ワルツのLivをモデルに製作しています。

パーラーギターと呼ばれる小ぶりなアコースティックギターに分類されるのでしょうか。

今回のアコギ製作のきっかけは、とあるオーダーの前段階の練習として作る事にしました。そのオーダーでネックとなる技術は曲げ。

そして箱にする為のジグをどうするか。などなど。そんな事もあり、自身のレベルアップの為にもひとつ作ろうと始めてみました。

最初から振り返ってみます。

工房にあるストック材から、新たに買う資金もないということもあり、何年か眠っていたチークをサイドとバック、ネックにする事にしました。サイズをざっくりと木取りしたところ。個人的にチークは好きな材でワルツではネック材によく使用しています。

アコギにも結構行けそうな気がします。オイル分が多く、響きがよく、狂いづらい材料です。

バンドソーで薄く切り出しました。切り立ては中の色が薄いです。そのうち濃い色に変色します。

トップ材は以前お客様がスピーカー製作に使用したというスプルースを譲ってもらったのがあったのでそれを利用させていただきました。

トップ板の接ぎをして、厚みを出してと、この時、トップの厚みについても自分は無知だったと思い知らされます。

アコギのトップ板の厚みをいろいろ調べました。

ブレイシングの仕方によってもトップ厚の設定は変わるでしょう。ようは強度のバランスと鳴りのバランス。そのへんの感覚は数を作って覚えていくしかなさそうな気がします。

パーフリングの溝掘りひとつでも初めての事となると思い通りにはいかない事があります。

予定の溝より太くなってしまいました。ドレメルの芯ブレが主要因かと思います。次回要改善ポイントです。ドレメル便利なのですが芯が出ていないのが難点かと思います。

Xブレーシングだとか、ラティスブレーシング、ファンブレーシングとブレーシング(力木)にも様々な種類があります。

そこには先人達の知恵と歴史があるなぁと感じます。

やはりXはすごいよなぁ、というか丈夫さで一番ですよね。

今回は作りながら考える。そしてとにかくやってみるスタイルで、ブレーシングパターン決めました。

最初はなにより丈夫に作る事を優先したほうがいいのかなぁと感じます。

ブレーシングをヤスリでキレイに仕上げているものも見かけますが、こういうノミやカンナで削りっぱなしの無骨感もいいかなぁと思います。

これまた、頭を悩ませたのがモールドです。

ボディを作る際の補助治具。この厚みだとか、余白の大きさだとか、調べてみると人それぞれ様々です。

なのでやってみるしかありません。それでこんな形に。

今回はボディー厚が最大85mm最小75mm。ライニングを接着する際にクランプができる厚みとしました。

そして、難関の曲げです。

ちょっと割れてしまった所もあります。

熱と水分によって木を軟化させて曲げるわけですが、この力加減、木が柔らかくなるタイミングがなかなかつかめません。

まぁそれでも以外となんとかなるんだなぁというのもわかりました。重要なのは無理はしないということです。

そして作りながら考える。

バックブレイシングはマーチンのパターンを真似てます。

何年も前から用意されていた洗濯バサミでライニングを接着。ちょっと数が足らずどちらか一方のサイドづつ。

ライニングは大和マークからの購入品。

裏板の割れ止め。

いよいよ裏板接着。

この裏板を接着する前段階の接着面の調整が一苦労でした。

裏板にはカーブがついているので、接着面にも同じカーブをつけないとキレイに接着できません。

R定規とRのついた当て木をつくって接着面を整えました。

このあたりもたくさん作るとなると専用治具が必要だなぁと思いました。ステュマックでラディアスディッシュというものもあるし・・・。

以前修理の為に作ったスプールクランプが大活躍です。

続いてトップの接着へ

センターを決めて、スプールクランプで固定。

バインディング溝を掘る。このバインディング溝掘りもバック面はカーブがあるため簡単には行きません。

私の場合、裏面はバインディング溝掘り専用治具をフライスに取り付けて加工しています。

バインディング貼り。黒いセルを貼りました。

接着はセメダインをアセトンで溶いて筆で塗ってテープで固定。

で、ひとまず箱、まで完了です。

 

さて、修理や製作など他の事も進めんと・・・。




| ギター製作 | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.waltzguitars.com/trackback/1177981
トラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS


Related Posts with Thumbnails