SEARCH THIS SITE.
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES


OTHERS
<< 2019年01月29日のつぶやき | main | ギターアンプ自作の6歩目(キャビネット製作編) >>
ギターアンプ自作の5歩目(配線編)

(*このアンプは「真空管ギターアンプの工作・原理・設計」を見ながら作っています。)

 

5歩目はついに配線です。本をみながら慎重に作業を進めました。

最初は電源周りから配線しました。

ひとまずパイロットランプが付くことトランスの電圧がちゃんと出ているかチェック

300V近い電圧なので感電に注意です。

真空管のヒーターの配線を終えたところで、真空管をソケットに差し込み点灯するかチェック。

順調に進んでおります。

作業机、配線図にチェックを入れながらパーツをハンダ付けしていきます。

とにかく慎重に進めます。

パーツ萌え

さて全て配線し終わったらスピーカーにつないで・・・

おー、音出た〜とひとしきり喜びを噛み締めつつ、音質チェック。

音は中域が強い感じ。ハム音が少しあるけれど、正常の範囲か・・・という感じです。

このような感じで、赤ノブが可愛いい。整流管にJJのGZ34Sを使ってみました。

音が良いか悪いかというのは比較対象がないと判断できないので、ひとまず評価できません。

内部。とにかく感電には注意。

 

このアンプの良いところは、エフェクターとしても使えるところです。

チューブオーバードライブとして使う事ができます。またエフェクター用フットスイッチでアンプバイパスできるので、バイパスで他アンプへつなぎ、音の比較が簡単にできます。

 

次はキャビネットづくりへ

 




| ギターアンプ自作 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.waltzguitars.com/trackback/1177965
トラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
  • テレキャスターがパワーアップするスイッチを取付ける。サウンドデモ動画あり。
    sou (01/16)
  • 赤いLAKLAND のベースをメンテナンス
    やなじ (01/16)
  • テレキャスターがパワーアップするスイッチを取付ける。サウンドデモ動画あり。
    やなじ (01/16)
  • 赤いLAKLAND のベースをメンテナンス
    今さら (01/16)
  • テレキャスターがパワーアップするスイッチを取付ける。サウンドデモ動画あり。
    sou (01/15)
  • ムスタングの回路改造例。
    TYO (09/13)
  • ムスタングの回路改造例。
    やなじ (09/13)
  • ムスタングの回路改造例。
    TYO (09/13)
  • ムスタングの回路改造例。
    やなじ (09/12)
  • ムスタングの回路改造例。
    TYO (09/11)
LINKS


Related Posts with Thumbnails