SEARCH THIS SITE.
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES


OTHERS
<< 2019年01月25日のつぶやき | main | 2019年01月26日のつぶやき >>
ギターアンプ自作の四歩目(シャーシ加工〜パーツ配置)

(*このアンプは「真空管ギターアンプの工作・原理・設計」を見ながら作っています。)

 

ギターアンプ自作、今回は写真多めで。いよいよ工作作業、シャーシの加工をします。大きい穴から加工していきました。

まずはジグソーに金属用の刃を取り付け、電源トランス部の加工。ジグソーでは荒ドリして、金属ヤスリで仕上げます。真空管ソケットの穴は糸鋸で荒ドリしてから金属ヤスリで任意寸法へ仕上げました。最初ホールソーを使ってみたら刃が駄目なのか上手くいきませんでした。

ステップドリルが重宝しました。小さな穴はほぼこれでドリル刃を交換せずにどんどん加工が進みます。穴あけの前にポンチを打つ事をお忘れなく。ポンチを打たないと穴位置がズレます。

穴あけが完了したら、バリ取り。面取りビット、リーマー、ヤスリなどでケースの内側のバリを取ります。

ケースの加工が完了です!

黄色い保護のマスキングをとるとこんなで、良い感じです。

続いて部品を取り付けていきます。まずは大きな部品から。止めネジはM3.5とM3の長さ10mm程度のモノを用意。ここで一つ問題が、パーツ表には記載されてない必要なモノがありました。それはアースラグ。なにか手持ちであったかなと探してみると、ギター配線ようのラグがあったので、穴径を広げて使いました。5つ必要です。

順番に取り付けは続く

ボリュームポットを付けた時点で、なにかノブはあったかなと、これも手持ちを探してみると、赤い可愛いヤツありました。

最後に出力トランスを付けて出来上がりました!

いやーいいですね

完成が楽しみになってきましたが、配線はまた今度。この辺りは慌てず進めていきます。

 

 




| ギターアンプ自作 | 13:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.waltzguitars.com/trackback/1177961
トラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS


Related Posts with Thumbnails