SEARCH THIS SITE.
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES


OTHERS
グっとくる瞬間

朝の光にグッとくる。工房について、扉をひらくと、工房のサインボードの置かれたテーブルがある。

そこに朝顔のタネが無造作に置かれている。

朝日が差し込んでいて、なんだかグッときた。

 

このグッとくる瞬間ってなんなんでしょうね?

ひとそれぞれにグッとくるポイントは違うでしょうけれど、

いままでの記憶と、なにかが反応してるのかなぁ、なんて思います。

 




| 雑記 | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
SNSから距離をとる

実は、2週間くらい前から、Twitterのアプリをわたしのスマホから消しました。

Twitterは好きなんですけど、もう無理だなぁと思ってスマホからは消しました。(ジャック・ドーシー「Twitter創業者」も好きなんだけど・・・)

現在はPCからのみアクセスしています。

 

思い返す事、10年前にTwitterに登録して使用し始めました。

主な利用方法は個人的に興味の湧いたトピックを保存したり、ファンのアーティストをフォローしたり、修理したギターのログ、製作過程のログとして、使っていました。

 

いまでも基本的に使い方はなにも変わらないのですが、ここ3〜4年くらいでしょうか、入ってくる情報が嫌な気持ちにさせるものがほんと増えたなぁと。(フォローしてくれている人、フォローしている人、だれも悪くないんですけどね)

 

おかげで、こちらのブログに、いろいろ書きたくなり、ここの所、更新頻度がかなり上がっています。ブログがブームになった時、しょこたんが「ブログの女王」と呼ばれ、一日100回更新みたいな記録があったと思います。それを目指そうかなんて、思ってはいません。

 

Twitterはもう広報として割り切った使い方をするべきなのかもしれませんが、そうも出来ない私です。

 

 




| 雑記 | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
定番を、作り続ける

成熟した産業の中で皆さんに手に取ってもらうには、と考えたとき。

ひとつは定番を作ることかなぁと思う。

 




| 雑記 | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
北杜市の2大美味しいパン屋

山梨県北杜市に引っ越してきて5年が過ぎています。

さて、北杜市には美味しいパン屋がいくつもあります。

 

その中で、独断と偏見でおすすめしたいパン屋さんは

INNO(インノ)とZELKOWA(ゼルコバ)です。

 

北杜市に来る際はぜひ寄っていただきたい。

 

INNOはドイツでパン作りを学ばれたご夫婦による、本格的な欧州系の流れを組むパンです。どれも美味しいのですが、あえてオススメするならば、フガスでしょうか。ドライトマトを生地に練り込んだ、薄いパンで、焼くとパリッとした所ともちっとした所の食感がたまりません。

 

ZELKOWAは、東京立川でとても人気のあるお店が数年前に移転されてきました。わたしも国分寺に住んでいたときに何度か行っていました。まだ娘が2歳、いや3、4歳とかでした。ハード系の香ばしいパンが特徴です。個人的にはピーナツバターが一押しです。ゼルコバはケヤキの木ですね。なんでこの名前にしたのか気になります。あれ、Zelkowa、Zelkova?スペル的にはvaが正しい。

 

北杜市おすすめ、2大パン屋でした。




| 雑記 | 12:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
夢を想像出来た時代 / 70年代中期~後期

音楽について、70年代後半は「情報に飢えていた」と聞いて、

わたしは、「情報が少ない状況のほうが人間は独創的な発想ができるのでは」とふと考えた。

 

例えば、レコードで聴いていたギターを弾きたいと思ったら、どうやって弾いているんだろうと想像力を働かせてコピーしようとする。だろうと思う。さらにアンプやギター、弦やピックはどんなモノを使っているのか、すぐに分からない状況の場合、人はあれこれと想像するだろう。

 

すぐに知れない、分からない時、想像力が働く。

 

いま現在、インターネットで調べれば、すぐに知れる、分かる事がたくさんある。

これは、もちろん便利なことで良い面がたくさんある。しかし、すぐ知れて分かってしまうことは、想像力を働かせる機会を失っている。のかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 




| 雑記 | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
311から8年

思い出します。あのときの事を。あれから8年が経ったそうです。

日々に追われ、忘れがちですけれど、思い出すとなんとも言えない感情が湧き上がります。

 

覚えているということをここに表明します。

 




| 雑記 | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
「ディテールの建築思考」

2019年最初に読んだのはこの本。

「ディテールの建築思考」後藤 武 著 です。

 

久しぶりに良い本に出会ったので紹介します。

街の本屋で見つけたのですが、こういうランキングなどに載らない良書を見つけるのは嬉しいですね。

 

それから今の自分の興味というのが、デザインや作る人に向いているからこそ、この本が面白く感じるのだろうと思います。そして、知らない建築家の名前や名言が新しく知れる、知的刺激があるからやはり本は面白いのです。

 

お正月に所沢に帰り、駅周辺がだいぶ変わり人が賑わい活気を感じたのは良かったのですが、本屋が無くなっていたのは残念でした。

 




| 雑記 | 13:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
雑記2018/11/26

先週はオーダーギターを納品したり、大きめの仕事がいくつか終わり、気持ちがスッキリしました。

3連休は子供達と過ごし、さて、と、気持ちを新たにしている月曜日です。

12月は目の前で今年も終わりそう。

もう一本くらいオリジナルギターを完成させたいところですが、ちょっとむずかしか・・・。

自作の構想をなんとなくしつつ、

オーダーギター超お待たせ中のものも進めないとなぁと

 

 

 

 




| 雑記 | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
北杜市移住満3年振り返り

東京都国分寺市から山梨県北杜市へ移住したのは2015年の3月でした。娘の小学校入学に合わせて引っ越しをしたのです。

2018年の今、まるまる3年が経ち、ようやくこの地での生活が落ち着いたと感じています。4年目を迎えた今日だからこそちょっと振り返ってみます。

 

一年目は、娘が小学校入学、息子は1歳、工房はとりあえずの6畳ほどのユニットハウス、5月にハンドクラフトギターフェスがあり、10月末11月頭にドイツのHoly Grail Gutiar Showがありました。イベント盛りだくさんでした。心身共に疲れた一年。もちろん喜びの多い一年でもありました。

 

二年目は、展示会へ出展への効果だったのか、オーダーをいくつか注文いただきました。子供達は学校、保育園に慣れてきました。妻が仕事を変えました。白州の工房物件に出会いました。

 

三年目は、白州工房が始動して環境が整いました。久々の新作を完成させることが出来ました。子供達はどんどん大きくなります。だいぶしっかりしてきました。

 

ざっくりですが、振り返ると、白州工房で仕事が出来るようになったことがとても良かったです。

この3年間はいろいろありすぎて全て書く事はできません。

移住してからの製作本数が20本。まだまだこれから増やせそうです。というか、年間7〜8本ペースでは仕事が遅すぎ・・・

作るモノを絞って規格化すれば製作本数は増やせるけれど、それもどうかなぁと言う気持ちもまだあり。

ひとまずは今までどおり、一点物を1本1本作ります。

 

3年がほんと早かったなぁ・・・

前の小平工房時代が3年もいなかった、2年と3ヶ月くらいでした。あの頃は希望にあふれてました。いまは希望を取り戻している感じです。

歳や、時代や、環境により今をどう感じるかは様々なんだなぁと思います。良き人生になるといいなと思います。ほんとおかげさまです。こうして振り返るといままで出会った人達の事を思い出します。ほんと様々な縁があっての今なのでおかげさまなのです。ありがとうございます。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般




| 雑記 | 09:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
3歳の息子の話す言葉について

私には3歳の息子がいる。普段は保育園に通い、性格は私に似たのか大人しい、食いしん坊でよく食べる。最近はソフトクリームが大好きだ。

その息子の話す言葉が面白いなぁと思う。

 

たとえば「さっき」。息子の言う「さっき」とは過去のことだ。それも何日か前から何ヶ月も前の事も「さっき」と言う。

大好物のソフトクリームは「くるくる巻いたヤツ」と言う。

息子の言っていることが直ぐに理解できないと「だからぁ」と言ってくる。

 

そしてこの頃「つらい」と言い始めた。

え、つらい?なんか気持ちが沈んでいるのか?と思ったら、「眠い」という事だとわかった。

ニュアンスは何となく分かる。

 

釣竿は「つりば」、恐竜は「こういう」、本人はそう認識しているのだ。

しかし大人は一回聞いただけではわからない。

 

語彙が増えて、表現の幅が広がってきているが、本来の意味と違う意味で言葉を使っているのはまずいのかなぁとも思う。

時が経つことで間違いに自分で気付くか、だれかから指摘されて気付くのか。

 




| 雑記 | 16:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/6PAGES | >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS


Related Posts with Thumbnails