SEARCH THIS SITE.
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES


OTHERS
ワルツ”ネオキャスターST”をオーダーしてみませんか。

ワルツにギターをオーダーしてみませんか。

下記写真の”ネオキャスターST”を3名さまに限り特別価格23万円(税込み)にて製作します。
興味のある方この機会にいかがでしょうか?期間は本日より5/5までの受付とします。
詳細はお気軽にお問い合わせください。
ST


 




| waltz news! | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
ワルツのインスタグラム
JUGEMテーマ:趣味

Instagramにて、いままで製作したワルツのギターの写真を公開しています。
どこかに眠った写真を掘り起こしながら未発表の写真などを上げています。
どうぞ良かったらご覧ください。

https://www.instagram.com/waltzguitars/
 



| waltz news! | 10:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
移転について(営業日、修理品受付について)
おかげ様でいろいろ修理や製作依頼をいただいております。みな様には心よりお礼申し上げます。移転については新年の挨拶(→こちら)でお知らせしましたが、この事でお客様にご迷惑をかけるかもしれませんがお許し下さい。

移転にともない、あれやこれやとスケジュールを考えたのですが・・・やはり一定期間休業しないと無理かなあと考え、3月は一時修理を中断する事にいたしました。

詳しい日程としては、
修理品の受付は3月2日まで、
小平市小川町での営業は3月9日までとなります。

ここで示した営業日以降も作業はしていますが、基本は上記の日程でいこうと思います。

新しい工房(山梨県北杜市)のオープン(と言ってもお店ではありません)は4月1日と切りのよい所でスタート!と考えております。
よろしくお願いいたします。


JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:音楽



| waltz news! | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015 新年のご挨拶
 皆さま あけましておめでとうございます。旧年中お世話になった皆さまに心よりお礼申し上げるとともに、新年が良き年になる事を祈っております。
 
 去年はワルツギタースタジオを始めて10年を迎える年でした。いままで修理中心のギター工房でしたが、これからの10年は製作中心にしたいと考えております。
 
 ひとつお知らせですが、今年の4月から山梨県北杜市へ移転します。これは数年前から家族と話し合い考えていたことで、4月から娘が小学校に上がることなどもあり、このタイミングだろうと思い決めました。
 小平に工房を移して3年。こちらで出会ったお客様や常連のお客様、特にギターを持ち込みでいらっしゃる方々にはご不便をかけるかもしれません。その点が気がかりですがお許し下さい。

 3月中旬〜後半まで(詳しい日程は未定)は今までと変わらず小平で営業いたします。
 
4月から新たに移転先で工房をスタートさせる予定です。修理は今まで通りやっていきますが、遠方からは宅配便での受付になります。もちろん持ち込みも可能です。
 新年の挨拶とお知らせを申しあげましたが、最後に、自分としてはご縁のある方とより良いギターライフを送るお手伝いができればいいなぁと考えております。
 
 では本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


 柳 真弥

 



| waltz news! | 12:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
2014TOKYOハンドクラフトギターフェスに出展します
お知らせ
今週末から開催されるハンドクラフトギターフェスに出展します。
日本各地からギター製作家が集まります。
このような展示会に出すのは始めてです。ワルツのギターを知っていただける機会になればと思っています。

展示するギターは3本の予定です。
できたてほやほやのこの2本と


今年1月に完成したこれ!


ぜひぜひ観に来ていただければと思います!
ブースに私も突っ立っている予定なので話かけて下さい〜

ハンドクラフトギターフェス

 



| waltz news! | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドイツはウルム Teuffel の工房へ行ってきました
8月の工房を休みにしていた時にドイツへ行ってきました。ベルリン、ドレスデン、ウルム、フランクフルト、ロストック、ハンブルク、などへ行ってきたのですが、その中でも重大な出来事のUlrich Teuffelさんへ会いに行ってきた事を記事に残しておきたいと思います。Ulrichさんは僕のとても尊敬するギター製作家で革新的なエレキギターを製作しています。(→Teuffel)ほんと大大大大尊敬してまして、その尊敬する人と夢のような素晴らしい時を過ごしました。

その日は朝早くベルリンから国内線でシュトゥットガルトへ

シュトゥットガルト中央駅にはベンツのシンボルが

電車でウルム中央駅へ

ウルムからはタクシーでTeuffelの工房へ
途中のどかな風景が続きます


!!!ついに対面!!!とてもあたたかく迎えてくれました。
挨拶程度の英語しかできず、ドイツ語さっぱり分からないのに・・・

とてもオープンに製作の事、使っている道具、機械を見せてくれました。
写真もOK、隠すものは無いという事で何枚か取らさせて頂きました。

写真は製作途中のアントニオ(Teuffelの最新モデル)。カーボンをところどころ使っていたり、ロッドはチタン製と、そしてロッドの埋木の一工夫など興味深かった。加工はCNCも導入していました。人の手では難しい曲線や3次元の加工が正確に早く出来る点が機械の魅力だと思いました。

青がトレードカラーなのか壁の青とTシャツが素敵です
もっているのはピックアップ。ピックアップもオリジナルです。

そして一緒にとってもらいました!

日本ではほとんど見ることが出来ないTeuffelのギターを弾かせて頂きました!
奇抜なデザインのギターに見えますが、持ってみると、すっと身体についてくるんです。
音もトラディショナルなストラトのトーンがありつつ、バランス良くまとまっていて、さらにこのバードフィッシュはピックアップ位置をアジャストできます。好きな位置へワンタッチで移動できるので、そのトーンの種類は無限にあるといっても良いぐらいです。

こちらはテスラ。写真はないですがこの裏面がいいんですよ〜
ネックとボディーのつながりが美しいのです。
このギターもとても弾きやすい。
マットな塗装も時代の先を行っている感じがします。
ブリッジはGOTOHですが、GOTOHは最高だ!とおっしゃっていました。

ここまでの事はほんの一部で、木材置き場や塗装ブース、撮影スペースも見させてもらいました。その全てがしっかりとした道具と余裕のあるスペースで構築されている印象をうけました。
Teuffelの工房はUlrichさんひとりでやっているわけですが、CNC加工機も導入してあり、製作過程をシステム化し無駄なく周るようにしているように感じました。

それにしてもこのギターのオリジナリティー・・・ため息がでます。

Ulrichさんとてもあたたかい人柄でした。

夢の様な時間はあっという間に過ぎて、この日はフランクフルトのホテルへ滞在する予定。
その前に、ウルムには世界一高い大聖堂があります。これだけは見たいと言うことで電車の時刻を気にしながら急ぎ足で見てきました。

それにしてもアジア人がいない・・・

1337年から建設が始まり1890年に完成。500年かけて作られてるって事がまず凄い。
そして写真では伝わらないかも知れないけれど、重厚感のある作り。
観光客が沢山いましたが、ぼーっと眺めているだけの人が多かったのが面白かった。


そう、この日一番の失敗は、日本から持ってきたお土産をUlrichさんに渡すのを忘れたことでした・・・完全に舞い上がってたのだと思います。Ulrichさんと別れた直後の帰りのバスで気づいたのでした。お土産は後日発送しました・・・






| waltz news! | 00:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
:::夏季休業のお知らせ:::
いつもご利用ありがとうございます。ワルツギタースタジオの夏季休業のお知らせです。
工房業務を夏季の日程お休みします。

8月6日(火)〜8月21日(水)

*お問い合わせ等は受け付けていますが、返答に時間がかかる場合がございます。ご迷惑おかけするかもしれませんがよろしくお願いいたします。




| waltz news! | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
***ブビンガテレキャスター出来ました***
ワルツの新しいギターができました。
ちょっと変わったテレキャスターですが、ブビンガ材を使ったボディーが豊かなサスティーンを生みます。塗装は法隆寺でも使われている塗料を使った木の質感を生かしつつ丈夫な超極薄ウレタン塗装です。ボディーもネックも良く鳴ります。ネックは信頼の日本メーカー、アトランシア製ワンピースメイプル。ちなみにボディーはヤマ楽器、こちらもハイエンドメーカー御用達の信頼の高い日本製です。木目調でありながらポップさを出したワルツらしいギターになりました。

”サスティーンが豊かで艶やかなサウンド”


なんでこんなギターを作ったかと言うと・・・もとはといえばヤマ楽器のホームページに乗っていたブビンガトップのテレキャスターボディーを見つけた事に始まりました。ブビンガトップってどうなの?という興味から気になっていたら、残り一つに、そこで購入して、これでワルツ初のコンポーネントギターを作ろうと思いました。ネックは、アトランシアから良さそうなリプレイスメントネックがありました。このギターはブビンガってどうなんだろう?を実現したモデルです!

そして完成してみると激なりです!!!




***仕様***
ネック:メイプルワンピース
スケール:324mm(フェンダースケール)
フレット:22フレット SBB-213(ミディアム)
ボディー:ブビンガトップ・スワンプアッシュバック
ピックアップ:リンディーフレーリンテレキャスターセット(ブリッジ5%up、ネック2%)
コントロール:1vol、1tone、4way selector sw、1output jack
ペグ:GOTOH マグナムロック ゴールド
重量:3595g



トップはブビンガ
塗装は極薄マット仕上げ


綺麗なスワンプ・アッシュ


ヘッドはワルツオリジナル形状(いままでで一番小ぶりになりました^^)
黄色が映えます


リンディーフレーリンのピックアップは
艶やかなサウンドの要でもある
 

:::
一点限りで販売中!!!購入は→こちら







| waltz news! | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
あけまして2013年

あけまして、おめでとうございます。
あけてほんとにめでたいのか?なんて思ってしまいますが、こうして新しい年を迎えられている事実は有り難いモノなのでやはりめでたいですね。

ワルツギタースタジオは本日4日より営業を初めております。
昨年中も沢山のお客様にリペアの依頼をいただきました。ほんとありがとうございました。
皆さんのおかげでワルツは成り立っている事を年末年始に2012年を振り返る中で改めて確認しました。

この年末年始に今年の抱負や目標というものを思い巡らしたのですが、それはないしょです。
が2013年の僕の望む事をひとつ上げると、ギターを作ったら売れると言う流れを作り出したいです。

なにはともあれ、健康と皆様からの仕事があっての事なので、ひとつひとつをクリアしつつ、前に進めたらと思います。

では、このブログを見てくれる皆さんの幸せを祈りつつ、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


柳 真弥・ワルツギタースタジオ





| waltz news! | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
ワルツのギターレンタル"neocaster"をレンタルします。
 以前から構想としてあって試してみたいなぁと思っていたギターレンタルをやってみます。
ワルツのギターを買わなくても使えるシステムがあってもいいなと思っていました。

ワルツギターのモデルも少しづつ増えてきて、いま工房にネオキャスターがデモ機としてあります。このギターを試奏してもらう機会は時々で、ケースにしまわれている事が多いので、もっと有効活用したいとも思います。

そこでneocasterをレンタルします。

レンタルするギターはこちらの赤いギター。
ワルツの今年出来た新作です。テレキャスターを近代的にアレンジしました。ピックアップがリンディーフレーリンだったりして、リンディーを試したいという方にもいいかもしれません。

ギターのスペックは→こちら

動画(サウンドサンプル)は↓



●レンタル料金は

¥1980/1週間
¥2980/2週間

とプラス送料となります。
送料はヤマト宅急便160サイズの往復運賃(¥3580〜)となります。

ワルツのサポーターの方は無料で貸し出します。(*送料片道分ご負担願います)
*サポーターについては→こちら

●受付方法はメールまたは問い合せフォームからご連絡下さい。





::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ワルツのフェイスブックページは→http://www.facebook.com/waltzguitars

:::barock販売中↓:::




| waltz news! | 12:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/7PAGES | >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS


Related Posts with Thumbnails