SEARCH THIS SITE.
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES


OTHERS
オルタライン 久しぶりの対面

2012年製のワルツ「オルタライン」が里帰り中。

久しぶりに見て、いい色。と我ながら思いました。すいません。

これは生地着で色をつけました。つまり、赤のぼかしは手作業で、ウェスとシンナーでにじませてなじませてぼかしています。スプレーとはまた一味違ったぼかしになっています。

 




| ギター修理 | 19:43 | comments(0) | - |
でっかいキャパシタ

スタインバーガーベースの中を開けてみたら、コンデンサ(キャパシタ)のあまりの大きさにびっくりしたので記録。

親指と同じくらいのおおきさ

 

スタインバーガー、ロッドが無いところ、ボルトで簡単にボディが開けられたりする所にフェンダーの精神を感じ、プロダクツとして素晴らしいなぁなんて思います。




| ギター修理 | 20:14 | comments(0) | - |
ネックくっつく

 




| ギター製作 | 20:52 | comments(0) | - |
ジョン・フルシアンテ:個人的名盤

最新のギター・マガジンでジョン・フルシアンテが特集されているようだ。

ジョン・フルシアンテというと、個人的には2014年に発表された「Enclosure」を沢山聴いた。その他ソロアルバムを時々聴いていて、ほんと多作で、楽曲を構成するアイディアがなんだろうか、他と違ってとてもいいなぁと思う。

私としてはギタリストというより作曲家のジョン・フルシアンテが好きなのかもしれない。

 

 

ジョンのサイトからソロ・アルバムのレコードが出ているではないか!!→John Frusciante

 




| 音楽 | 11:14 | comments(0) | - |
気になる出版社:夏葉社

ニュースをみていて気になったトピック

事業計画書の目的には「何度も読み返される、定番と言われる本を、一冊一冊妥協せずにつくることによって、長期的な利益を確保する」と記しました。

 

 

出典:https://www.nikkei.com/article/DGKKZO55558240T10C20A2EAC000/

夏葉社代表 島田潤一郎さん:日本経済新聞

夏葉社は島田潤一郎さんがひとりで営む出版社。こういう在り方いいですね。

参考にしたい、と思いました。




| 雑記 | 10:45 | comments(0) | - |
三本ライン

ポジションマークは3本ライン

 




| ギター製作 | 20:05 | comments(0) | - |
ネック製作、ポジションマーク入れ

指板のストレートとRを出して

ポジションマークを入れる用意

掘っていきます

バイスでつかめない所の加工はアイディアを駆使してます

ノミで角穴にしてから

ポジションマークを入れます

エポキシ接着剤に顔料を混ぜてます

エポキシは5分硬化型なので迅速な作業が要求されます

個人的にこのエポクリアーが透明度が高いので好んで使ってます。ただし5分で硬化。




| ギター製作 | 21:42 | comments(0) | - |
| 1/492PAGES | >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS


Related Posts with Thumbnails